ファッションセンスに磨きがかかる?パーソナルカラー診断の実態を知っておこう!


肌の色だけでなく、髪の毛量も診断結果を左右します

おしゃれの上級者の中には、ファッションセンスをより高めるためにパーソナルカラー診断を受ける人がいます。パーソナルカラー診断では肌や髪の色だけでなく、皮膚の薄さや髪の毛量なども判断材料となって、それぞれの人に合う系統の色が提案されるのです。たとえば大きなくくりでは「白」に分類されるカラーでも、純白かオフホワイトかによってファッションのイメージは微妙に変化します。肌や髪をタイプ別に整理したうえで、これらの微妙なイメージの変化にもこだわりながら相性の良い色に出会わせてくれるところが、パーソナルカラー診断の魅力です。女性だけでなく経営コンサルタントや営業職の男性にも、パーソナルカラー診断が浸透し始めています。見た目で損をしないために、ビジネスマンも健康的で清潔に見えるファッションの色を追求するようになってきているのです。

診断する人によって多少のズレが生じることもあります

パーソナルカラー診断の需要が増える一方で、複数の人から診断を受けると診断結果がそれぞれ異なっていたという問題も生じています。これは診断する人の主観に頼る部分が大きいため、診断結果にズレが生じるのは仕方ないことなのです。そのため診断を受ける側はおすすめされた色をただ盲信するのではなく、必ず理由も伺って自分が納得したうえでファッションアイテムに取り入れることが重要になります。自分と相性の良い色に対する理解が深まれば、コーデに自分なりの応用を利かせることもできるでしょう。また診断を受ける際は、普段の仕事内容や職場でのポジションなども伝えておくことが推奨されます。そうすることで「ビジネスの現場での効果的な色の見せ方」という観点でのアドバイスも受けることができるのです。

ニコチンソルトというのは、別名ニコチン塩と呼ばれることもあるアメリカで開発された物質のことです。その性質は、タバコの葉に含まれるニコチンによく似ています。