花粉はどうして目が痒くなるの?メガネで花粉を防ごう


どうして花粉は目に症状が出やすいのか

花粉症はアレルギーの一つで、花粉が体内に入る事で起こる症状です。花粉症の人は年々増加傾向にあり、悩む人は多くいます。そのため、さまざまな薬や対策グッズが販売されています。

花粉症の代表的な症状に目の痒みや炎症などがあります。目は直接外の世界と触れ合う繊細な器官です。そのため、空気中に飛散した花粉が入りやすくなってしまいます。花粉に含まれるタンパク質は、涙に溶けやすいという性質があり、目の粘膜に付着した花粉が、涙に溶け目全体に広がってしまい目全体の痒みに繋がります。また、目には血管やアレルギーに関係する免疫細胞が多いためどうしてもアレルギー反応が出やすくなります。そのため、辛い痒みなどの症状で悩まないためにも、きちんと対策を取ることが重要になってきます。

花粉症対策のメガネの効果

花粉対策メガネは、花粉から目を保護し症状を軽減すために作られたメガネです。メガネと顔の隙間をなくすようにフードが取り付けられており、隙間からの侵入を防ぐ効果があります。最近では普通のメガネとしても使用できるように、フードが取り外せる構造になっているタイプや曇り止め

加工の商品など、さまざまな種類が販売されています。

普通のメガネでもある程度の花粉対策効果がありますが、花粉症対策メガネを使用することで最大98%前後の効果があるといわれています。花粉症対策のメガネを選ぶ際は、できるだけ隙間のないものを選ぶということが大切です。普段の生活でも使用する場合は、取り外せるタイプを選ぶとよいでしょう。購入の際には、一度かけてみてからきちんとフィット感を確かめて購入すると良いでしょう。

メガネの花粉をカットする機能が備わっているものは、花粉アレルギーがある人はもちろん、日ごろから目の粘膜の保護をしたい人からも支持されています。