季節感を無視したファッションコーデのシーズンレス


日本の気候変化によって主流に

日本の場合は、「春、夏、秋、冬」といった四季がある関係で、季節によって着こなすファッションコーデが異なっている点が、これまでの常識でした。ただし、近年の日本の気候をみると、秋になっても最高気温が30度超えの日が増える等、変則的な気候が続くようになっています。そのため、「夏と秋」、「冬と春」といったように、特定の季節に関係なく着こなせる「シーズンレス」が、現在のアパレル戦略において、主流になりつつあります。

季節に関係なく同じ種類のコーデを販売する

ファッションブランドにおける「シーズンレス」とは、スカートやパンツのように、同じ種類のコーディネートアイテムを、季節に関係なく売り続ける点が特徴です。例えば、夏場によく着られるブラウスを、秋から冬へと移行する11月になっても、販売し続けるといったケースが該当します。近年の日本の気候変化により、夏物の洋服を秋になっても着続ける傾向が強くなっていますが、そういった傾向をそのままアパレル戦略に適応する形となります。

アパレルショップの販売戦略も変化させる

季節に関係なく、特定の商品を販売し続けられる「シーズンレス」は、最近では、アパレルショップの主要アイテムを意味する「ステイプル」とも呼ばれています。ファッションブランドとして販売するアパレルグッズの場合、ブランドの人気商品となるグッズを、半年間かけて売り切る戦略が一般的です。しかし、季節に関係なく主力商品となれる「ステイプル」であれば、年単位での販売ができるため、アパレルショップにおける販売戦略が大きく変わってきます。

国内で販売されているvapeのリキッドにはニコチンが含まれていないため、その他の電子タバコに比べて健康リスクが少ない点が最大のメリットです。