内祝いにぴったり!カタログギフトの魅力と選ぶコツ


贈る側も贈られる側も嬉しいギフト

お祝い事があった時や、そのお返しとされる内祝いのタイミングでは何を贈れば喜んでもらえるのかで悩む人が大半です。金額に気をつけたり贈るタイミングなど悩むことは多いですが、その中でも何を選べば良いかでは頭を抱えるのではないでしょうか。失礼にならないものを選ぶというのはもちろんのこと、贈るからには相手が喜んでくれるもの選ぶべきです。しかし身近な人で何が欲しいか聞ける関係性だったり、趣味や嗜好を理解していなけれ難しくなります。

その際に役立つ贈り物として近年定番化しているのが、カタログギフトです。受け取った相手はカタログの中から好きなアイテムを選ぶことができるので、不要なものをもらってありがた迷惑ということにはなりません。選ぶ楽しみと届くまでの楽しみと、一度で二度楽しめる贈り物というのも、良い点ではないでしょうか。

カタログを選ぶポイントについて

一口にカタログギフトと言っても数多く存在しており、内祝いの内容に合わせて相応しいカタログを選ぶことが重要になってきます。もちろんそれだけではなく、贈る相手の趣味や思考に合わせたり家族構成も考えておく必要がありますが、最も重視しておくべきポイントの一つとなるのが金額ではないでしょうか。お祝いとしていただいた金額に合わせて最適な金額のカタログを選ばないと、マナー違反になってしまうので気を付けましょう。基本的には三分の二から半角程度の金額を返すことになりますが、いただいた金額があまりに高額の場合には無理に三分の二や半額を返す必要はなく、気持ちが大切になってきます。

内祝いは、結婚や子供が生まれた際に欠かせないイベントの一つであり、現金だけでなくカタログギフトをはじめ様々な贈り物が用意されるケースが多く見られます。